季節を感じた瞬間〈回顧録〉

「おはようございます、準備お願いします」

毎朝、携帯電話で僕は起された。

その日の予定もわからないまま、車に乗せられて、
コンビニでパンと缶コーヒーを買い、目の前の仕事をこなしていた。

そして、帰りは深夜。
車や電車の中と、どこかの部屋や会場にしか身を置いていない。

その繰り返しの日々が、半年以上も続いていた。
人はそれを、多忙な毎日と呼ぶのだろう。

だが、やっている本人は、ぜんまい仕掛けの人形のように、
意識も無く、言われるままに身を任せていただけであった。

 

ある時、知り合いの女性が、
ぬくもりの残る袋を、僕に手渡してくれた。

「実家で取れた枝豆なんですけど、食べてください」

枝豆は、それほど好きな食べ物ではなかったが、
お礼を言って、家に持ち帰った。

灯りをつけ、テーブルの上に置かれたそれを、
少しの間眺めていた。

そういえば、ここしばらくは、
まともな食事をしていない事にふと気付く。

枝豆を口に入れた。
「もう夏の入り口なんだ・・・」
そう思いながら、何故か涙が出てきた。

別に、悲しいわけでも無く、
今を不幸だと、感じている訳でも無い。
ただ季節を感じれた事が、嬉しかった。

まだ通っているぬくもりと、
塩の香りと、初夏の味が嬉しかった。

それからしばらくの間も、相変わらずの日々であったが、
その日から心の通った言葉が、僕の口から出るようになった気がした。

頼まれ事を、ただただ引き受け歩いていると、
様々なものを授かるものだと、感じた時だった。

 

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

季節を感じた瞬間〈回顧録〉” に対して 0 件のコメントがあります

  1. ComfortBox より:

    SECRET: 0
    PASS:
    “その日から心の通った言葉が、僕の口から出るようになった気がした。”
    なんか人間味があってじんと来ました。

  2. ComfortBox より:

    SECRET: 0
    PASS:
    “その日から心の通った言葉が、僕の口から出るようになった気がした。”
    なんか人間味があってじんと来ました。

  3. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!
    これからも、よろしくお願い申し上げます。

  4. 竹内嘉浩 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コメント、ありがとうございます!
    これからも、よろしくお願い申し上げます。

メッセージはお気軽にどうぞ