勘違いの愛

大学を卒業し、社会人になり数年経った時、
彼は両親に、結婚がしたいと話した。
相手は、彼より年上。
そして離婚歴があり、子供を二人抱えた女性。
両親は猛反対をした。
そして、彼女に会うことすら拒んだ。
何度も認めてもらえるように説得したが、
聞き入れてはもらえなかった。
ある日、彼は両親と夕食を共にした時の事だった。
突然父親が、未だに彼女との関係が続いている息子に向かって、
「おまえの思いは愛情じゃない、同情心からくる勘違いだ!」
と罵った。
彼は目に涙をいっぱいに溜めて、
「勘違いの愛情でも、一生続けばりっぱな愛情だ!」
と言い切った。
そして、二人は結婚をする。
あれから、20年以上を経過をしているが、
今も仲の良い夫婦である。
そして、二人の子を、
わが孫のように可愛がる彼の両親の姿がある。
彼の勘違い人生に感動を頂戴して、
ワイパーを動かしながら、
晴れやかな気持ちで家路へと向かった。
「幸せにセオリーは無い。あなたの心が決めるもの」

きっと良い日になると思います

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ