決めるのが先・・・

高校時代の友人とお茶を飲んだ。
Wくんは市会議員として二回目の当選をし活躍をしている。
ここ数年間で彼は大きく変貌を遂げる。
以前はどちらかというと落ち着きの無いタイプであったし、
人前で話す事も得意とはしていなかった。
出馬を決めた瞬間に彼の意識は大きく変わり、
苦手なスピーチも一生懸命に克服をし、
社会、経済についても日々見聞を広げていく姿があった。
結果、Wくんの人間としての魅力は大きく膨らんでいった。
そして現在は、地域に関して真剣に取り組んでいる姿が頼もしいばかりだ。
私も最近まで、月に4,5回の講演活動をしていた。
若かりし頃(今も若いと思っているが・・・笑)
人前でしゃべると足は震え、声は上ずってしまう。
バンドをやっていた時も、ボーカルにも拘らずMCはメンバー任せ。
友人の披露宴スピーチは、断固として断り続けていた人間である。
必要に迫られ講演を始める。死ぬほどイヤだった。
回数を重ねていく内に、次第に空気をつかむことが出来、
回りに認められるようになってきた。
《決めるのが先、能力は後》
ある方がおっしゃっていた言葉である。
この言葉を信じて、今は未知の依頼に関して
決してNOと言う答えを出さない。
一生の内に使う脳の用量は、普通の方で確か約3%らしい。
残りの97%は使われずに終わっていくのである。
人は《無限の可能性を》を秘めている。
多くの先祖から受け継がれた素晴らしいDNAを
何処まで使わせていただくことが出来るか。
そして、関わっているクライアントさんや
周りの方々の能力を何処まで引き出すことが出来るか。
変わっていかれる姿を見るのは、本当に楽しみな事である。
ちなみに、私とWくんは学生時代、
成績不振者で補習の常連であった(笑)

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ