10年後

たまたまテレビの報道番組を見ていたら、最近の20代の男性は、
節約しながら貯金をしている人が多いという。

貯金を精力的にしている人は、
飲み会はおごりなら行く。
もしくは、割引券を多用。
食事はチラシを見て、スーパーの特売で。
会社へは、飲み物持参。
冷暖房はなるべくつけない。
デートは必ず割り勘。
30歳までに一千万円目標だとか・・・

国や会社があてにならないので、
自分の将来を考えてという事らしい。

ある意味素晴らしいですね。
実際に20代の方とお話をさせていただくと、
確かに自分の頃よりも、しっかりしている方が多いと感じます。

 

自分の20代を振り返ってみた。

飲み会は、誘われたらどんな会でも出る。
割引券は、カッコ悪いから使わない。
自炊なんて絶対しないし、
一人でスーパーは、恥ずかしくて行けない。
冷房暖房大好き。常にTシャツで過ごしたいくらい。
デートは、絶対に自分が払う。
貯金は殆ど無かったです・・・
まー、捨てていいプライドが高いといいますか・・・
凝り固まってますね~(汗)

現代の20代の方に、
人間関係や自己成長の為に、投資したほうが良いとか、
お金に執着しすぎとか、夢を大きく持てとか・・・
そんなご意見が聞こえてきそうですが、
(テレビでそんなコメントがあったかは、途中で切ったので判りませんが)
それぞれが自分に正直に、やりたいと思って節約貯金を実行しているなら、
それはそれで良い事だと思います。

もし必要なメッセージがあれば、
後の経験から、いくらでも拾えると思いますので。
生活に重点をおいた、セミナー講師をさせていただく時に、
「年金・退職金をもらえないとして、
老後の為の、蓄えをしている方は手を挙げてください」
と聞くと、殆どの方は手を挙げません。
(参加者の多くは30代~50代の方、

少なく見積もっても千人以上の方に伺ってます)
まあ、正確なデータを収集したわけではありませんので、
はっきりとした事は言えませんが、通ってきた時代の違いもあるのでしょうね。

ただ思ったのは、若い方々は時代の移り変わりを、
敏感にキャッチしているという事。
年を重ねた分、若き頃の安泰だった社会を、知識や情報としてだけでなく、
未だに過去の幻想として、捉えきれていないのかも知れません。
過去(歴史)から学ぶ事も、現在から感じる事も、
様々な角度から、いろんな物事を広く受け入れる柔軟性を、
さらに持てると良いなと感じました。

ちなみに今は、
飲み会は、行きたいと思うのは出席。
割引券は、あえての収集はしないがあれば使う。
食事は、作りたい時は自分で作るし、
スーパーに行くのも、結構好き。
冷暖房は、あまり使わなくて済む体質になった。
デートは、基本的に払うつもりだが、
逆に負担に感じられると申し訳ないので、ケースバイケース。
こんな感じでしょうか。

これから10年後には、自分も20代の方達も、
また変わっているのでしょうかね(^^)

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ