さよならが出会いになった日

知人の母親を見送りに、葬儀に参列させていただく。
今では珍しいかもしれない、自宅での葬儀。
彼は私と同世代。非常に恰幅の良い姿。
常にきりっとした面持ちで、いつも堂々としている。
その彼が、喪主の挨拶の時、
普段の風格が吹っ飛ぶ程、大きく泣き崩れた。
忙しい毎日、仕事に追われ、
社内に寝袋を持ち込んで、夜を明かす日々が続いていた。
施設に預けていた母親とは、
今年の1月以来、一度も会っていなかったと言う。
そして、突然の別れが来た。
学生時代、彼が友達を家に呼ぶと、
必ず布団を人数分用意して、歓迎してくれたらしい。
自宅での葬儀にしたのは、そんな母親に、
せめて、自宅から旅立たせたいと思った彼の、
意向なのかもしれない。
10年程前に、父親が他界した後、
彼は、この自宅を改築して、
母親のために、のんびり過ごせるスペースを、
作りたいと言っていた。
その夢は、果たせなかった。
「私を産んでくれて、ありがとう」
溢れる涙を拭うことなく、語った彼の言葉からは、
感謝と後悔が、心で渦巻いているのだろう。
ずっと、がむしゃらに働き続けていた彼。
思考の変化さえすれば、今の収入を保ちながら、
自由な時間は十分作れるはずだ。
ただでさえ、優秀な人材なのに・・・
母親が届けてくれた、彼へのメッセージで、
今とは違う生き方を、感じてくれれば幸いである。
そして、初めての出会いが、お別れの時となったが、
私にも、多くの気付きを与えていただいた。
さよならが、何よりもの出会いとなった日だった。

きっと良い日になるでしょう

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)
There is no time like the present.

カウンセリング・コンサルティングのご予約 

メッセージはお気軽にどうぞ