足ることを知る

最近、料理をよく作ります。

はるか昔、調理人をしていた事がありますが、
その時より楽しんで作ってます。

何かを作ろうと決めて、必要な食材を買いに行くのでなく、
冷蔵庫の中を見て中にある食材だけで、何を作れるかを楽しんでます。

ただのめんどくさがり屋なのかもしれませんが、
限りある食材の中で、どう表現できるかという事が、
面白かったりします。

 

先日、経営者の方と話をさせていただいた時、
社内の人材についての、相談がありました。

細かな事はさておき、
まずある人材で、それぞれの個性を活かしながら、
それをうまく組み合わせ、形にしていく。

うまく形を作れないのは、社員の能力のせいでなく
まずは、経営者自身を向上させていく事。

どうしても不足をしていると感じたら、補充をする。
そんな事を話しておりました。

 

結局、料理と同じ事なのでしょう。
あるもので思考を巡らし、その素材を活かし、
調理師のさじ加減ひとつで、美味しいものは必ず作れるはず。

その腕が備わった時、貴重なものや高価な食材を、
本当に活かすことが出来るのかも知れません。

 

今日も良い天気です

竹内 嘉浩
竹内 嘉浩株式会社呉竹(くれたけ心理相談室、呉竹コンサルティングサービス)

There is no time like the present.


カウンセリング・コンサルティングのご予約 


メッセージはお気軽にどうぞ